ボードゲーム

大人数(30人以上)で遊べるトランプゲームを考えた

こんにちは。
木津(@ayumukizu)です。巷ではムハンマドと呼ばれています。

 

今日は、hyphen,初となる東京開催のイベントが行われます。

会場は、東京・神保町にある『風土はfoodから』というお店。

 

当イベントは、先日まで僕らが挑戦していたクラウドファンディングで、【創刊記念イベント参加プラン】をご購入いただいた方限定のイベントです。

クラウドファンディングページ:【ふたたび、暮らしを考える】雑誌「hyphen,」の創刊号を届けたい!

 

といっても、この文章を書いている今日は、イベントの前日である4/5の夜です。

多分当日はバタバタしている気がするので、今のうちにブログを書いておく。

ゲームを考えよう

 

昨晩、雑誌『hyphen,』の編集長であるサタさん(@mst727)から、こんなお願いをされました。

「明日の皿洗いゲーム考えるの、木津さんにお任せしても大丈夫ですか?」

「皿洗いゲーム」とは

 

hyphen,の6人で暮らしている時は、ご飯を食べた後の皿洗いをする人を、いつもゲームで決めています。

スマホアプリを使ったルーレットのような簡単なものから、 数十分かかるボードゲームをプレイすることもある。

「皿洗いゲーム」とは、皿洗いの担当者を決めるゲームの総称です。

イベントでは、参加者みんなで皿洗いゲームをやる

 

今回のイベントのコンセプトは、「hyphen,の夕食を追体験する」です。

クラウドファンディングに支援してくださった方々に、hyphen,の”いつもの食卓”を体験して欲しい。

であれば、皿洗いゲームも参加者の方々と一緒に行って、負けた方には実際にお皿洗いをしてもらった方が面白いよね、という流れです。

ちなみに少し早い時間から集まれる方には、メンバーと一緒に餃子を包んでもらうことになっています。

 

サタさんからお願いされたのは、食後に行う皿洗いゲームの内容。

お皿を洗う人を、どのようにして決めるのか。

 

といっても、hyphen,メンバー含め参加者は40人弱もいるので、既存のゲームではちょうど良いものがなかなかありません。

であれば、自分で考えるかと。

 

前置きが長くなってしまったけど、イベント当日のルール説明の練習もかねて、ゲームのルールを一度まとめておこうと思います。

『hyphen,カード(仮)』のルール

 

ゲームの名前はまだないので、一旦『hyphen,カード(仮)』としておきます。

ルールを読んで、いいタイトルが思いついたら教えてください。

ゲームの準備

 

ゲームに使うのは、1組のトランプのみです。

ここから何枚かを抜いて、36枚のカードを使います。

ちなみにこの「36」という数字は想定プレイ人数で、偶数であれば多少の差異があっても問題ありません。

 

36枚の内訳は、以下の通り。

・数字(2~9)カード…24枚*(32枚からランダムに24枚*選ぶ)
・数字(A)カード…4枚
・黒の絵札(J、Q、K)…6枚
・ジョーカー…2枚

*人数によって変動
*簡易版は、数字カード(A~7)を28枚使う。

 

ゲームが始まる前に、36人全員にカードを一枚ずつ配ります。

このカードは自分一人で確認し、ゲーム終了まで他のプレイヤーに見せることはできませんが、口頭で伝えることは可能です。

もちろん、嘘をついてもOKです。

ゲームのルール

 

このゲームは、36人全員で相談しながら、18組のペアを作るゲームです。

数字カードを持っている人が28人、黒の絵札を持っている人が6人、ジョーカーを持っている人が2人います。

 

「全員で相談しながら」といっても、みんなで一丸となって会議をするわけではありません。

制限時間内にそれぞれが勝手に相談をして、ペアを作っていく。

なお、一度ペアを組んだらペアを変えることはできません。

 

18組のペアができたら、最後にペア同士でカードを交換します。

交換後、黒の絵札を持っている6人が皿洗いです。

 

つまり数字カードが配られた人は、自分と同じく数字カードを持っている人を探し当てないといけません。

マークの違う同じ数字を持った人もいるはずなので、お互いに声を掛け合うと良いかもしれない。

一方黒の絵札が配られた人は、自分が黒の絵札を持っていることを隠しながらペアを作らなくてはいけません。

 

ただし、万一ジョーカーを持っている人同士の交換が行われた場合、皿洗いはジョーカーを持っている2人と、Aを持っている4人で行われます。

終わりに

 

以上です。

人数が人数なだけにテストプレイなどもできず、少しドキドキしています。

本音をいうと、何回かやって修正していきたいところ。

 

でも、酔っ払ったらやらないかもしれませんね。

イベントめっちゃ楽しみです。

また来てね!

 

この記事を気に入ってくれた方に読んでほしい記事

人狼ゲームのルールとその異常な面白さの解説-チームとしての最適解を考える

ボードゲーム『クー/Coup』のルールとその異常な面白さの解説-“理詰め感”を堪能する

 

初めての方はこちらから

>>居候男子ムハンマドのプロフィールと当ブログ『居候男子』について

>>まず最初に読んで欲しい10記事の紹介

>>2018年、当ブログで書いた中で僕が好きな記事ベスト5

 

『毎日更新倶楽部』のメンバーを募集しています

>>『毎日更新倶楽部』をつくりました。メンバーを募集します

 

「木津に会ってみたい」は『レンタル男子』から

>>『レンタル男子』始めました。概要と、開設の経緯。

>>レンタル男子(ショップページ)

ABOUT ME
木津 歩|居候男子
コミュニティを旅する居候男子。月一引越しの移動生活を実践しています。一級建築士。通称はムハンマド。