日々のこと

確証のない未来に向けて、日々淡々と爪を研ぐこと

こんにちは。
木津(@ayumukizu)です。巷ではムハンマドと呼ばれています。

 

6月になりました。

すでに何度か書いていることだけど、このブログの毎日更新は、ブログを始めて丸1年となる6/5で一旦終わりです。

その後どうするかはまだ決めていなくて、すぐに更新を再開するかもしれないけど、もう更新しないという可能性もある。

 

仮に6/5を1つの区切りとすると、このブログで記事を書くのはあと4回です。

さて、何を書こうか。

 

1回は、「僕が大切にしている7つのこと」を更新しようと思っています。

参照:僕が大切にしている7つのこと

また今日から千葉県の金谷に行くので、「居候男子金谷編のテーマと、〜」という記事は書きたい。

参照:居候男子岩手編のテーマと、一次産業に触れること

 

今日は、1年前の自分に向けて書きます。

1年前の自分が知らなくて、今の自分が知っていることの中で、もっとも重要だと思うことを書く。

確証のない未来に向けて、淡々と爪を研ぐこと。

 

今だって、状況がそれほど変わったという訳ではないけども。

少なくとも1年前は、今よりももっと焦っていたような気がします。

前を走るプレーヤーたちの背中をみて、「自分ももっと頑張らないといけない」と思っていました。

 

「もっと頑張らないといけない」と思うこと自体は、そう悪いことではないと思います。

問題なのは、僕が結果を出すことに焦っていたこと。

可能な限り早く結果を出したいと思っていたし、だからこそ、結果が出るイメージが沸きやすいことにしか挑戦できなかった。

 

そしていざ何かを始めてみても、結果が出るイメージが沸かなくなってきたら、すぐに迷いました。

「本当に大丈夫なの?」

そんな風に周囲から心配の声をかけられるたびに、ブレた。

参照:確かな納得感を持って中指を立てること

 

「迷いながら漠然と時間を消費するのはよくない。」

そんな自らの納得感に従って、何度も手放し、自らふりだしに戻しました。

参照:納得感ジャンキーにならない

 

/

 

ただ今考えると、そんな1年前の自分に対しては、明確に1つ言えることがあります。

それは、「結果が出るイメージなんてものは幻想である」ということ。

 

確かにもう少し前までは、結果が出るイメージが明確に浮かぶことがあったのかも知れません。

例えば受験や就活は、目標がはっきりしてさえいれば、そこに向けて努力をすればするほど結果が出るイメージが明確になった。

やればやるほど、安心することができました。

 

でも社会に出てからは、(長い目で見た)結果に対して確証を持てる場面なんてほとんどありません。

特に、いわゆる”敷かれたレール”を外れたことがある/外れようとしている人は、そこに至る前に約束されている未来なんて何もない。

自分でレールを引いていくしかないから、やってもやっても、明確にあるのは足元の”過程”だけです。

 

/

 

そこに至る前に見る”結果”は、所詮自らの意志が見せる虚像。

意志があれば見えるし、意志がなければ見えません。

言ってしまえば、単なる思い込みでしかない。

 

でも、多分みんなそうで。

当時前を走っていたプレーヤーたちだって、確証された未来が見えていた訳ではないのだと思います。

確証のない未来を盲信する、度胸があっただけ。

盲信し、力ずくで手繰り寄せる、気概があっただけ。

参照:成功者の声が溢れる時代だから、自分で正解をつくるしかない

 

/

 

今だって、状況がそれほど変わったという訳ではないけども。

少なくとも1年前のように、漠然とした焦りはありません。

やれることは日々淡々と爪を研ぐことしかなく、それが唯一の正解だと知っているから。

結果については、自分がコントロールできる範囲の話ではありません。

参照:孤独と戦うしかない

 

まずは足を動かして、ビジョンを描く。

ビジョンとはとどのつまり、自分だけが盲信している虚像です。

あとは自分の描いたビジョンに向けて、日々淡々と爪を研ぐだけ。

 

出口が見えないまま永遠に爪を研いでいるだけの時間は、誰にでも必ずあります。

終わりに

 

以上です。

千葉県の金谷に向かう電車の中で書いているのですが、2時間もかからずに着いてしまうの本当にやばいです。

めっちゃ近い。

 

また来てね!

 

この記事を気に入ってくれた方に読んでほしい記事

確かな納得感を持って中指を立てること

納得感ジャンキーにならない

成功者の声が溢れる時代だから、自分で正解をつくるしかない

孤独と戦うしかない

 

初めての方はこちらから

>>居候男子ムハンマドのプロフィールと当ブログ『居候男子』について

>>まず最初に読んで欲しい10記事の紹介

>>2018年、当ブログで書いた中で僕が好きな記事ベスト5

ABOUT ME
木津 歩|居候男子
コミュニティを旅する居候男子。月一引越しの移動生活を実践しています。一級建築士。通称はムハンマド。