ムハンマド

当ブログ『居候男子』について

こんにちは。
木津(@ayumukizu)です。巷ではムハンマドと呼ばれています。

 

本日は、当ブログ『居候男子』にお越しいただき、ありがとうございます。

この記事では、当ブログ『居候男子』のご案内と、当ブログの管理人であるムハンマドについて書いていきます。

当ブログ『居候男子』について

 

当ブログ『居候男子』は、「知らない暮らしに会いにいく」というテーマのもと、月一引越しの移動生活を実践する『居候男子』ムハンマドが、全国各地の多様な暮らしをお届けするブログです。

 

当ブログのコンテンツは、大きく以下3つのカテゴリーに分けられています。

①Move-移動する暮らし
②Local-地域での暮らし
③Share-シェアする暮らし

Move-移動する暮らし

photo by @Ryotsuchida 

一つ目のカテゴリーは、「Move-移動する暮らし」。

僕は『居候男子』という肩書きのもと、月一引越しの移動生活を実践しています。

参照:移動生活とは?遊牧民のような暮らし。旅暮らし、多拠点生活との違い

 

住まいを一つに固定するのではなく、様々な拠点を行き来しながら暮らす「移動生活」「多拠点生活」「二拠点居住」に関心のある方は、こちらのカテゴリーをご覧ください。

カテゴリー:Move-移動する暮らし

Local-地域での暮らし

photo by @Ryotsuchida 

二つ目のカテゴリーは、「Local-地域での暮らし」。

様々な地域にも足を運ぶ中で、地域での暮らしに大きな魅力を感じるようになりました。

参照:地域の面白さは観光ではなく暮らしにある

同時に、「地方創生」や「関係人口」にまつわる取り組みにも興味を持つようになった。

参照:兵庫県香美町の関係人口になりました。契約によって関係人口であることを示すという試み。

 

「地域での暮らし」や、「地方創生」「関係人口」に関心のある方は、こちらのカテゴリーをご覧ください。

カテゴリー:Local-地域での暮らし

Share-シェアする暮らし

photo by @Ryotsuchida 

三つ目のカテゴリーは、「Share-シェアする暮らし」。

全国各地を転々とする僕は、現地のシェアハウスに滞在する機会が非常に多いです。

参照:シェアハウスの魅力を5つ紹介【一人暮らしと比較したデメリットも】

また移動生活を始める前は、東京・三軒茶屋のシェアハウス『モテアマス三軒茶屋』の一部屋で、友人とルームシェアをしていました。

参照:シェアハウス『モテアマス三軒茶屋』に見る、心地よいコミュニティの一つの答え

 

家族以外の誰かと一緒に暮らす、「シェアハウス」「ルームシェア」に関心のある方は、こちらのカテゴリーをご覧ください。

カテゴリー:Share-シェアする暮らし

居候男子ムハンマドについて

photo by @Ryotsuchida 

プロフィール

木津 歩(キヅ アユム)

92年2月生まれ/水瓶座B型。千葉県出身。

2014年に東京理科大学理工学部建築学科を卒業後、住宅メーカー、建築設計事務所を経て、いま。

現在は月一引越しの移動生活を実践しながら、当ブログ『居候男子』の運営等をしています。

ストレングスファインダー

ストレングスファインダーの結果は以下の通りです。(2018年4月実施)

1位:最上志向

2位:着想

3位:未来志向

4位:戦略性

5位:ポジティブ 

メディア掲載

家賃を抑えられるだけじゃない!対人関係が苦手な人ほどシェアハウスがオススメな理由|一級建築士シェアハウス在住・木津歩(ノマド的節約術/2018年5月)

家を持たないミレニアル世代が増加、働き方改革の先にある“アドレスホッパー”の実態(WWDジャパン/2018年12月)

【動画】ハーイ!ふんふん,(もとくらの深夜枠/2019年1月)

日常に刺激がほしい介護士さんへ♪新しいワクワクに出会える体験型スポット特集(きらッコノート/2019年2月)

終わりに

 

以上です。

この記事は、随時更新していきます。

また来てね!

 

初めての方はこちらから

>>まず最初に読んで欲しい10記事の紹介

>>2018年、当ブログで書いた中で僕が好きな記事ベスト5

 

『毎日更新倶楽部』のメンバーを募集しています

>>『毎日更新倶楽部』をつくりました。メンバーを募集します

 

「木津に会ってみたい」は『レンタル男子』から

>>『レンタル男子』始めました。概要と、開設の経緯。

>>レンタル男子(ショップページ)

ABOUT ME
木津 歩|居候男子
コミュニティを旅する居候男子。月一引越しの移動生活を実践しています。一級建築士。通称はムハンマド。