移動生活・多拠点生活

居候男子岩手編のテーマと、一次産業に触れること

こんにちは。
木津(@ayumukizu)です。巷ではムハンマドと呼ばれています。

 

昨日から、岩手県陸前高田市にきています。

陸前高田市で漁師をしている友人のひーさん(@neripiko)に話をつけてもらい、ワカメ漁をしている。

 

初日の今日は、ここで5年勤めているひーさんが「こんなに遅くなったのは初めて」という ほど遅くまで(といっても21時くらいだけど)かかり、仕事が終わった今ブログを書いています。

めちゃくちゃ充実した一日だった。

拠点ごとにテーマを決めている

 

月一引越しの移動生活を実践している僕は、拠点ごとに暮らしのテーマを決めています。

 

最近で言うと、青森十和田編のテーマは「集団移住による暮らし」。

参照:居候男子青森編のテーマと、僕が集団移住を試したい理由

岡山編のテーマは「エリア内二拠点という暮らし」。

参照:居候男子岡山編のテーマと、エリア内二拠点の可能性

北海道下川編のテーマは、「地球人としての暮らし」でした。

参照:居候男子北海道下川編のテーマと、地球人として暮らすこと

 

岩手編のテーマは、「一次産業を担う暮らし」です。

一次産業を担う暮らし

 

正直今回のテーマは、すごく迷いました。

実は陸前高田で漁師の仕事をさせてもらうのは3日間だけで、その後は4月いっぱい岩手県の遠野市にいく予定です。

遠野では、以前住んでいたシェアハウス『モテアマス三軒茶屋』で一緒だった「べっちょ」こと阿部さん(@abemahoko)にお世話になるので、身内と別の地域で再開するということをテーマにしても、それはそれで成立しそう。

参照:シェアハウス『モテアマス三軒茶屋』に見る、心地よいコミュニティの一つの答え

また今回は友人の土田(@Ryotsuchida )と一緒に岩手にきているので、一人での滞在でもなく、集団の滞在でもないという意味では、青森県十和田市にいた時とはまた別の文脈で暮らしについて考えられる気はする。

参照:居候男子青森編のテーマと、僕が集団移住を試したい理由

そして陸前高田市は津波被害を大きく受けた地域でもあるため、その視点から考えることも多そうです。

 

それでも今日、ほぼ丸一日ワカメ漁に携わる中で、「一次産業を担う暮らし」は圧倒的に今後の自分に与えるインパクトが大きいだろうなと思いました。

たとえそれが、3日間だけの従事であったとしてもです。

終わりに

 

以上です。

もう少し掘り下げてもよかったんだけど、今日はここまでとします。(正直めちゃくちゃ眠い。)

 

一点だけ付け加えておくと、今回お世話になっている漁家では、3人のご子息が全員後継者としてここで漁師をしています。

どこの地域でも後継者不足が大きな問題となっている中で、これはやはりすごいことだなと思う。

この話については今日の時点で明確に一つ考察ができているんだけど、それはまたそのうち書きます。

またきてね!

 

この記事を気に入ってくれた方に読んでほしい記事

居候男子青森編のテーマと、僕が集団移住を試したい理由

居候男子岡山編のテーマと、エリア内二拠点の可能性

居候男子北海道下川編のテーマと、地球人として暮らすこと

シェアハウス『モテアマス三軒茶屋』に見る、心地よいコミュニティの一つの答え

 

初めての方はこちらから

>>居候男子ムハンマドのプロフィールと当ブログ『居候男子』について

>>まず最初に読んで欲しい10記事の紹介

>>2018年、当ブログで書いた中で僕が好きな記事ベスト5

 

『毎日更新倶楽部』のメンバーを募集しています

>>『毎日更新倶楽部』をつくりました。メンバーを募集します

 

「木津に会ってみたい」は『レンタル男子』から

>>『レンタル男子』始めました。概要と、開設の経緯。

>>レンタル男子(ショップページ)

 

ABOUT ME
木津 歩|居候男子
コミュニティを旅する居候男子。月一引越しの移動生活を実践しています。一級建築士。通称はムハンマド。