日々のこと

覚悟をひけらかさないこと

こんにちは。
木津(@ayumukizu)です。巷ではムハンマドと呼ばれています。

 

ここしばらく、ずっと考えていることを書きます。

事務所の所長から言われたこと

 

少し前の話です。

勤めていた設計事務所を辞める前夜に、事務所の所長から言ってもらった言葉を今でも鮮明に覚えている。

 

「木津さんのやろうとしていることがよくわからない。」

「でもよくわからないということは、僕が歳をとったということなんだろうね。」

 

御年49歳、設計事務所の所長として最前線で戦っている人がそんなことを言えるのが、本当にすごいと思いました。

僕は所員としてあまり優秀な人材ではなかったし、雇ってもらっていることに対しての感謝の気持ちを日々満足に伝えられていたとも思いません。

でも勤めていた事務所の所長は、今でも僕が最大限のリスペクトを払っている方の一人です。

 

だからこそ、所長から同じ日に言われたことはよく覚えていて。

「木津さんくらいの年、20台の半ばを過ぎたあたりが、自分の道を一つ定める時期なのかもしれないね。」

覚悟を持って退路を断つこと

 

最近は、この言葉をよく思い出します。

退路を確保しているという事実が、精神衛生上とてもよろしいことはよく知っている。

でもある種の覚悟を持って退路を断つことが、一つ抜きん出るためには必要なことであることも、なんとなくわかります。

 

だから先日プロ無職のるってぃ(@rutty07z)がしていたこちらのツイートに対しても、思うことがありました。

日々淡々としていること

 

少し話はそれるけど。

覚悟を決めるということは、わざわざ人に言うようなことでもないんだろうなと思います。

愛情が伝わるべき人に伝われば十分なのと同じように、覚悟についても、伝わるべき自分に伝わればそれで十分なんだと思う。

 

日々淡々と、やるべきことを一つ一つ。

淡々としていることは、覚悟を決めることにも似ているなと思いました。

参照:大崩れせず、やるべきことを一つ一つ淡々とやること

終わりに

 

以上です。

 

11/6に十和田で開催するイベントのイベントページがまだできておらず、「やっべ」ってなってます。

今すぐやります。

 

また来てね!

 

この記事を気に入ってくれた方に読んでほしい記事

大崩れせず、やるべきことを一つ一つ淡々とやること

そろそろ次のステージに行きたい

人に理解されない勇気を持つこと

 

初めての方はこちらから

>>居候男子ムハンマドのプロフィールと当ブログ『居候男子』について

>>まず最初に読んで欲しい10記事の紹介

 

『毎日更新倶楽部』のメンバーを募集しています

>>『毎日更新倶楽部』をつくりました。メンバーを募集します

ABOUT ME
木津 歩|居候男子
コミュニティを旅する居候男子。月一引越しの移動生活を実践しています。一級建築士。通称はムハンマド。