日々のこと

お金がない経験のメリットは?「若い時に貧乏を経験した方が良い」といわれる理由を考えてみた

こんにちは。
木津(@ayumukizu)です。巷ではムハンマドと呼ばれています。

 

「若い時に貧乏を経験しておいた方が良い」

という言葉を聞いたことはありませんか。僕はあります。

 

僕は今からおよそ一ヶ月前に、人生で最も貧乏な時を経験し、お金がないことの怖さを学びました。

参照:お金がなくて怖いこと

 

ただその経験を経て今、「お金がないという経験をしてよかったことも色々あるな」と感じているので、今日はそれについて書きます。

相変わらずお金はないけども

 

はじめに断っておくと、相変わらずお金はないです。

一番しんどい時期は一旦抜けれた気がするけど、今も貧乏なことには変わりありません。

本当はこの手の記事は、お金がない経験を経て僕が金銭的に豊かになってから書いた方が、説得力が増すということは重々承知しています。

 

それでもこのタイミングで書いておきたいのは、仮説を立てられるのは今しかないからです。

今感じていることは今しか書けないから、一度仮説として書き留めておきたい。

お金がない経験をしてよかったこと

 

お金がない経験をしてよかったことは、以下の3つです。

①お金は手段であることが理解できた
②お金をつくることの面白さがわかった
③「絶対お金を稼いでやろう」と思えた

順に書いていきます。

お金は手段であることが理解できた

 

まず、お金は手段であることが理解できました。

 

お金を稼ぐ目的は、二つあると思っています。

「生きるため」と、「よりよく生きるため」です。

「よりよく生きるため」にお金はあればあるほどいいけども、「生きるため」に必要なお金は、実はそんなに多くありません。

最悪衣食住が確保できていれば、生きることはできる。

 

もちろん日本で暮らしていくために、払わなくてはいけないお金は色々あります。

それでも衣食住さえ確保できていれば、生きることはできるんです。

 

衣食住を確保する方法は、お金を稼ぐ意外にも実は色々あります。

衣食住を持て余している人に対して、相応の価値を提供して交換してもらったり。

参照:「仕事をつくる」を経験しないと、お金の呪縛から逃れられない

あるいは、衣食住を自分で生み出すという方法もあります。

 

お金はあくまで手段の一つであるということを理解できたのは、僕にとってすごく大きかった。

お金をつくることの面白さがわかった

 

次に、お金をつくること(つくろうとすること)の面白さがわかりました。

 

今朝、こんなツイートをしました。

このツイートに書いてある通りなんだけど、基本的に「お金になること」の方が面白いです。

それは単純に、「お金になること」の方が難しいから。考えないといけないことが多いから。

 

お金にならない面白いことは、正直いくらでも考えられます。

「お金を払う」という価値基準がないと、面白さに対してのジャッジが甘いからです。

対象が漠然としているからこそ、「人それぞれの価値観」に逃げられてしまう。

 

対象に対して、お金を払うだけの面白さを感じさせられるかどうかが、より高度な面白さの指標になると最近は思います。

「絶対お金を稼いでやろう」と思えた

 

最後に、「絶対お金を稼いでやろう」と思えました。

これが意外と大きい。

 

僕は今まで、お金はそんなに重要ではないと思っていました。

お金よりも大事なことはたくさんあるし、

 

というよりも、お金の話を避けていました。

お金の話をするのは下品なことだと思っていて、意識を向けるのを拒んでいたような気がする。

 

それでも兵庫で笑っちゃうくらいお金がない生活をして、お金がないととてもみじめな気持ちになるということを知りました。

極めつけは、飯がないことです。

昨日は台風がくると言われていたので、ささっと近くのスーパーに行きました。

漠然と「お金がない」と思っているので、とりあえず今日は米だけ買っておこうと思い、米2kgとふりかけを買いました。

 

で、翌日。というか今日。

白米にふりかけをかけて食べていると、なんだかひもじい気持ちになってきて、泣きそうになりました。

引用元:お金がなくて怖いこと

やっぱりお金ないとダメだなと。精神が蝕まれる。

 

もちろん、お金が全てだとは思いません。お金で買えないものはたくさんある。

それでも、お金で買えるものもたくさんあります。

 

お金はそんなに重要ではない。でもそれを言えるのは今じゃないなと。

あんなみじめな思いはもうしたくないから、自分は絶対お金を稼いでやろうと思いました。

 

こう思えたことが、すごくよかった。

終わりに

 

以上です。

最近引いたおみくじには、こんな風に書いてありました。

また来てね!

 

この記事を気に入ってくれた方に読んでほしい記事

お金がなくて怖いこと

「仕事をつくる」を経験しないと、お金の呪縛から逃れられない

 「努力の娯楽化」と「娯楽の仕事化」

 

初めての方はこちらから

>>居候男子ムハンマドのプロフィールと当ブログ『居候男子』について

>>まず最初に読んで欲しい10記事の紹介

 

『毎日更新倶楽部』のメンバーを募集しています

>>『毎日更新倶楽部』をつくりました。メンバーを募集します

 

ご連絡はお問い合わせページから

>>お問い合わせ

 

ツイッターもフォローしてね!

>>@ayumukizu

ABOUT ME
木津 歩|居候男子
コミュニティを旅する居候男子。月一引越しの移動生活を実践しています。一級建築士。通称はムハンマド。