移動生活・多拠点生活

移動しない生活にデメリットを感じるという話

こんにちは。
木津(@ayumukizu)です。巷ではムハンマドと呼ばれています。

 

僕は昨年の4月から、月一引っ越しの移動生活を実践しています。

およそ1ヶ月ごとに引っ越しをして、日本各地の拠点を転々とながら暮らしている。


参照:移動生活とは?遊牧民のような暮らし。旅暮らし、多拠点居住との違い

 

こんな生活をしているとよく聞かれるのが、「どうして移動しながら生活をしているの?」ということ。

僕自身移動しながら暮らすことのメリットについては、今まで何度も考えてきました。

参照:移動生活のメリットとデメリットを考える

 

ただここ最近は、「むしろ移動しないことの方にデメリットがあるのではないか?」と考えています。

関東に滞在した1ヶ月

 

冒頭で「月一引っ越しの移動生活を実践しています。」と書いたけど、実は昨年末から2月の半ばまでは、ずっと関東に滞在しています。

1月は一旦腰を据えて、自分の身の回りを整える期間にしている。

こんなに長い間関東にいるのは、なかなか久しぶりです。

 

でも関東に帰ってきておよそ1ヶ月が経とうとしている今、どうも最近自分の思考が滞ってきているなと感じています。

ブログを書くにしても、「どうしてもこれを書きたい!」と思う内容が浮かびにくくなった。

これは、僕が日常の中から受け取るインスピレーションの量が少なくなったからだろうと思っています。

移動生活と日常から受け取るインスピレーション

 

毎月引越しをしながら暮らしていると、生活のいたるところで新たなインスピレーションを受けることができます。

新しく見た景色、新しく入ったお店、新しく出会った人。

自分にとってフレッシュな情報の数々が、自分に新たな気づきを与え続ける。

 

逆に関東に滞在しているこの1ヶ月は、日常生活の中からインスピレーションを受け取りにくくなっているように思います。

情報としてすでに知っていることが多いから、新たな気づきを得にくい。

だから、「どうしてもこれを書きたい!」と思う内容も浮かんでこない。

移動しない生活にデメリットを感じる

 

そう考えると、「移動生活をすることにメリットがある」というよりも、「移動生活をしないことにデメリットがある」といった方が、もしかしたら自然なのかもしれません。

少なくとも、僕にとっては。

 

移動を止めることによって、日常の中から気づきを得る機会が少なくなった。

それはブログネタの話に限らず、新しいアイデア全般が出にくくなっている状態であるとも言えます。

であればこれは、移動生活をしないことによるデメリットであるなと思う。

終わりに

 

以上です。

 

靴の手入れはした方が良いです。靴が傷んでしまうから。

靴の手入れをサボると靴が傷んでしまうことと、同じ場所に住み続けるとインスピレーションを得にくくなってしまうこととは、意外と遠くない話だなと思う。

 

また来てね!

 

この記事を気に入ってくれた方に読んでほしい記事

移動生活とは?遊牧民のような暮らし。旅暮らし、多拠点居住との違い

移動生活のメリットとデメリットを考える

書籍『モバイルボヘミアン』の概要と感想【移動生活の指南書】

 

初めての方はこちらから

>>居候男子ムハンマドのプロフィールと当ブログ『居候男子』について

>>まず最初に読んで欲しい10記事の紹介

>>2018年、当ブログで書いた中で僕が好きな記事ベスト5

 

『毎日更新倶楽部』のメンバーを募集しています

>>『毎日更新倶楽部』をつくりました。メンバーを募集します

 

「木津に会ってみたい」は『レンタル男子』から

>>『レンタル男子』始めました。概要と、開設の経緯。

>>レンタル男子(ショップページ)

ABOUT ME
木津 歩|居候男子
コミュニティを旅する居候男子。月一引越しの移動生活を実践しています。一級建築士。通称はムハンマド。