日々のこと

もっと頑張ろうと思った話

こんにちは。
木津(@ayumukizu)です。巷ではムハンマドと呼ばれています。

 

昨日、こんなツイートをしました。

今日は、この話を少し。

ルイスの舵きり

 

昨日、同い年の友人であるルイス(@rutty07z)の、こちらの記事を読みました。

外部リンク:「もう消費されない、後世に残るほどの言葉を発信する」 プロ無職るってぃが見つけた新たな武器、ポエトリーリーディング

以下に一部引用します。

もう、周りの目を気にして生きるの辞めよう。1度きりの人生、もっとわがままに全力で生きようと決めて、そこから今のプロ無職という活動に繋がるんです。

けど、プロ無職として見てくれる人が増えていく中で、気づけばまた周りの目を気にしはじめていたんです。

発信活動はじめて3年経って、自分が死んでも後世に残るほどの言葉やコンテンツを発信していきたいと強く思うようになりました。今のままじゃ、消費されて終わるな、って。

そんな時に、「てかポエトリーリーディングじゃんそれ!」って繋がって。ポエトリー自体は、不可思議/wonderboyを会社員やってた頃から聴いていたのもあって元々知っていて。僕がポエトリーやったら、また新たな世界にいけるんじゃないかって。

そこからポエトリーの歴史を色々調べてみるとビックリしました。「これ、マジで俺のためにあったんじゃないかな?」と思うほどに。絶対これだ!今の俺にはこれなんだ!って、ワクワクが止まりませんでした。

 

実はこの半年ほど、彼がいわゆるスランプ状態にあることは知っていました。

知っていたというか、普通に直接聞いていた。

 

何事も継続することは大事だけど、惰性や義務感だけで続けていては意味がない。

ルイスに関していえば、継続のステップはとうに終えていたんだと思います。

 

僕には彼がこれから取り組む「ポエトリーリーディング」のことはよくわからないけど、彼が考え抜いてそこにある種の確信があるならば、もう勝ちは見えている。

続けることの大切さを知った先では、続けることよりも始めることの方がずっと難しいです。

彼がまた一つ抜け出すイメージが、僕の中では明確にできました。

結果を出す同世代を前にして思うこと

 

少し前に、ルイスについてこんなブログを書きました。

参照:僕とルイス

以下に一部引用します。

前に僕とルイスの共通の友人が、

「るってぃアイツはやっぱりすごい。正直嫉妬してんけ。」

と言っていたんだけど、僕はあまりそういう気持ちにはならないです。

ただルイスが僕にとってそうであるように、ルイスにとっても僕が「一緒にいて楽しいやつ」ではあり続けたいなあと思っていて、そういう意味では、結構励みになっているのかもしれない。

 

どんなにルイスの未来に確信があっても、相変わらず嫉妬は全くしません。

冒頭のツイートにあるように、「負けたくない」とも思わない。

 

これは驕りに聞こえてしまうかも知れないけど、僕は自分で自分のことを、まだまだ全然いけると思っています。

特別悪いペースではないし、かといって特別良いペースという訳でもないけど、淡々と、然るべき位置に向かって進めていると思う。

参照:紛うことなき本物になりたい

それは積極的に誰かに伝えるべき話ではなくて、自分だけが確信を持っていれば良い話です。

 

ただ一つ、彼の躍進を想像して思うのは、「一人にはさせたくないな」ということ。

誰よりも手を動かした先では必ずまた新しい仲間に出会えるから、本質的な孤独は決して訪れないと思う。

それでも、元々の仲間がどこまでいっても同じ視座を共有できたなら、それはすごく幸せなことなんじゃないだろうか。

 

的な。

もっと頑張ろうと思いました。

終わりに

 

以上です。

また来てね!

 

この記事を気に入ってくれた方に読んでほしい記事

僕とルイス

紛うことなき本物になりたい

大崩れせず、やるべきことを一つ一つ淡々とやること

 

初めての方はこちらから

>>居候男子ムハンマドのプロフィールと当ブログ『居候男子』について

>>まず最初に読んで欲しい10記事の紹介

>>2018年、当ブログで書いた中で僕が好きな記事ベスト5

 

『毎日更新倶楽部』のメンバーを募集しています

>>『毎日更新倶楽部』をつくりました。メンバーを募集します

 

「木津に会ってみたい」は『レンタル男子』から

>>『レンタル男子』始めました。概要と、開設の経緯。

>>レンタル男子(ショップページ)

 

ABOUT ME
木津 歩|居候男子
コミュニティを旅する居候男子。月一引越しの移動生活を実践しています。一級建築士。通称はムハンマド。