ブログ

バズと勘違い

こんにちは。
木津(@ayumukizu)です。巷ではムハンマドと呼ばれています。

 

今朝、いつものように外を散歩しながら、ブログで書くネタを考えていました。

で、思ったんです。

「今日は適当に書くか」と。

 

これから何を書くかも全く決めていないけど、とりあえずパソコンの前に座っています。

今日の文章はいつも以上に読みにくいかもしれません。すみません。

 

適当に書くこと

 

今朝こんなツイートをしました。

そう、はっきり言って、今日はあんまりブログを書く時間がないのです。

でもそれとは関係なしに、そろそろ適当に書く日をつくりたかった。

 

以前、こんな記事を書きました。

参照:「書くこと」へのハードルを下げておくこと

以下に一部引用します。

「書くこと」についても、ハードルは上げすぎない方が良いのだと思います。

「書くこと」へのハードルを上げることで、いつか「書くこと」が億劫になってしまう。

本当に重要なのは、多分「続けること」です。

 

「書くこと」へのハードルを下げておくことは本当に大事だよなあと、常々思っています。

 

バズと勘違い

 

一昨日書いた記事が、結構読まれました。

参照:孤独と戦うしかない

バズとまでは全然言えないけど、僕の中では結構読まれた。

 

もしあなたが僕と同じくらい未熟であるならば、これから書くことは参考になるかもしれません。

たくさん読まれた直後は、浮き足立ちます。

ブログに限らずfacebookにしろtwitterにしろ、自分の投稿が変に伸びると浮き足立ち、勘違いする。

 

昔facebookで決意表明みたいなことをして、いいねがすごく伸びたことがあります。

それまでは10〜25いいねくらいをフラフラしていたのに、急に100いいねくらいいってしまった。

で、当時の僕は勘違いしました。「今俺、ノってるわ」と。

 

勘違いしてしまうと、急にフォロワーを意識するようになります。

フォロワーは仲間だと思い込む。

自分のことを応援してくれていると取り違えて、リアクションがもらえそうな投稿をしてしまう。

そして投稿のたびに”いいね”が減っていく様子をみて、フォロワーが自分から離れていったのではないかと不安になる。

リアクションを取りにいって、ますますリアクションが減るという悪循環に陥る。

 

自分で書いてて恥ずかしいなこれ。

 

伸びた直後は気張らない

 

最近はさすがに、リアクションがなくて不安になるようなことはないけど、この負のループに入らないように意識的に気をつけていることはあります。

伸びた直後は気張らない、ということです。

投稿が伸びてしまった時は、意識的に気張らず適当な投稿をします。

 

そもそも、人はそんなに自分に興味ないんです。

自分よりも自分に興味がある人間なんていない。

それでも未熟な僕は勘違いしてしまうことがあるから、ここはかなり気をつかっています。

伸びてしまった直後こそ、自分から適当な点を打って、自分の中でのハードルを下げておく。

 

終わりに

 

以上です。

思いの他早く書けたので、これから二度寝します。

また来てね!

 

この記事を気に入ってくれた方に読んでほしい記事

「書くこと」へのハードルを下げておくこと

孤独と戦うしかない

誰に向けて文章を書くか

「毎日ブログを更新する」をやってみて良かったこと

僕は集落をつくりたい

 

ツイッターもフォローしてね!

ムハンマドのtwitter@ayumukizu

ABOUT ME
木津 歩|居候男子
コミュニティを旅する居候男子。月一引越しの移動生活を実践しています。一級建築士。通称はムハンマド。