ブログ

「書くこと」へのハードルを下げておくこと

こんにちは。
木津(@ayumukizu)です。巷ではムハンマドと呼ばれています。

 

今日は適当に書きます。

これから何書くかもあんまり決めてないです。いえーい。

 

「適当に書くか」

 

僕はブログの内容を考える時いつも海を散歩しているんですが、今日ふと思ったんです。

「適当に書くか」と。

 

散歩をしていると、書きたいネタはどんどん出てくる。

facebookの話、「普通」についての話、色褪せるコンテンツの話…etc

この辺りの話であれば、それなりに形になると思います。多分。

 

でもいつか書きたいネタが出てこなくなってしまった時、僕はどうするのかなって思って。

 

いつかくるであろう「書けない日」に向けて

 

多分、しばらくは無理やりネタを絞り出すと思うんですよ。出るところまで出す。

でももう本当に出なくなった時に、僕はブログを嫌いになっちゃうんじゃないかなって。

 

本当に出なくなった時は、多分ハードルを下げて書くんだと思います。

『もう僕は書くことがない』みたいなタイトルの記事を書くかもしれない。

まあそれも悪くないと思うんですけど、その前にこっちでハードルを下げといてやろうかなって。

 

「書くこと」へのハードルを上げすぎない

 

このブログで書いた記事の中で僕が一番気に入っているのは、一本目の記事です。

参照:とりあえず始めてみること

以下に一部引用します。ちょいと長いけど。

見ていただいてわかる通り、まだ全然ブログはできていません。

本当はもっとデザインを懲り倒してから公開したかった。

ナビゲーションメニューもつくりたかったし、twitterの連携もしたかった。

というかなにをやればいいのすら、いまいち分かっていません。

 

でも何だか面倒くさくなってしまったので、「とりあえず書くか」と。

 

(中略)

 

僕らはついついやってしまいがちだけど、「始めること」に重きを置きすぎる。

でも本当に重要なのは、「続けること」なんだと思います。

続けることで愛着がわくし、続けることで初めて価値がでる。

 

「始めること」について、自分の中でハードルを上げすぎない方が良い。

いつか「始めること」が億劫になってしまうから。

 

同じように「書くこと」についても、ハードルは上げすぎない方が良いのだと思います。

「書くこと」へのハードルを上げることで、いつか「書くこと」が億劫になってしまう。

本当に重要なのは、多分「続けること」です。

 

だからここらで一回、ハードルを下げておくぜよ。

 

終わりに

 

以上です。

いつもはタイトル→見出し→本文の順で書いているんですが、今日は本文→見出し→タイトルの順で書いています。つまりこの文を書いている時点では、まだタイトルが決まっていません。全体読み返して、見出し決めたり太字にしたりしてきます。

また来てね!

 

この記事を気に入ってくれた方に読んでほしい記事

とりあえず始めてみること

「バカをさらけ出す」は本当に正しいのか

毎日ブログを書き続ける人はなぜすごいか

 

ツイッターもフォローしてね!

ムハンマドのtwitter@ayumukizu

ABOUT ME
木津 歩|居候男子
コミュニティを旅する居候男子。月一引越しの移動生活を実践しています。一級建築士。通称はムハンマド。