日々のこと

情報収集のコツは「広げる」のか「深める」のかを決めること

こんにちは。
木津(@ayumukizu)です。巷ではムハンマドと呼ばれています。

 

ここ最近、「今日はとても学びが多かったなあ」と感じる機会が増えたような気がしています。

どうしてそのように感じることが増えたのか考えてみると、それはやはり、今年の自分は”深めるフェーズ”にすると決めたからなのかなと思う。

参照:「選択と集中」の本質は、やらない覚悟を決めること

 

情報過多になりやすい現代だからこそ、今自分が「広げるフェーズ」にあるのか「深めるフェーズ」にあるのかを決めることは、とても重要なことであるような気がしています。

今日は、そんな話を少し。

『モバイルボヘミアン』と僕の目指すライフスタイル

 

少し前から、本田直之さん(@naohawaii)と四角大輔さん(@4dsk ‏)による共著の、『モバイルボヘミアン』という本を読んでいます。

モバイルボヘミアンの定義について、本文中から以下に引用します。

モバイルボヘミアンとは、仕事のために生きるのではなく、自分の好きなことをライフスタイルの中心に据えながら、旅するように働き、暮らす、自由な生き方のこと。p003

 

フォーカスポイントこそ若干違えども、これは今の自分が目指しているライフスタイルと極めて近しい話です。

参照:移動生活とは?遊牧民のような暮らし。旅暮らし、多拠点居住との違い

 

この本の概要や感想については、最後まで読み終えた後にまた改めて書くことにします。

今面白いなと思っているのは、自分と考えの近い方の本を読むことで、自分の思考の解像度が圧倒的に高まるということ。

似ているけど微妙に異なる考えに触れることで、今まで自分があえて言語化してこなかった部分を、改めて言語化しようとする。

 

そうやって自分と近い思考に触れる機会が増えたことが、「今日はとても学びが多かったなあ」と感じる機会が増えた要因であると思っています。

情報収集のコツは、自分のフェーズを明確にすること

現代では、求めなくても様々な情報が流れ込んできます。

情報収集の方法に気をつかわないと、自分が取り込むべきでない情報(それ以外にもっと取り込むべき情報がある、という意)で、頭がいっぱいになってしまうのだと思う。

 

そこで重要になってくるのが、自分の情報収集のフェーズを明確にするということです。

自分が今「(視野を)広げるフェーズ」にいるのか、「(思考を)深めるフェーズ」にいるのかを明確にすることで、自分にとって本当に必要な情報をきちんとキャッチできるようになる。

 

自分が今「広げるフェーズ」にあるのであれば、様々な情報が流れ込んでくる状態をつくることはとても良いことであると思います。

多種多様な業種の方の意見に触れることで、自分の視野が広がるとともに、自分の専門性にも気付くことができる。

 

一方自分が「深めるフェーズ」にあるのであれば、はじめに書いた通り、自分と近い業種の方の意見に触れる機会を積極的に作った方が良いなと思います。

似て非なる意見に触れることで、自分の思考の解像度がおのずと上がってくるから。

参照:アウトプットの質を高めるために、インプットの質を高める

終わりに

 

以上です。

 

今日の日中は、僕と同じように様々な拠点を転々としながら暮らす市橋さんとランチをしてきました。

近しい生活をしているからこそ、大前提として共有できる部分が多く、僕自身今まで考えたことがなかったことをたくさん考えられた。

とても勉強になり、今年はこういう機会をもっと増やしていきたいなと思いました。

 

また来てね!

 

この記事で紹介した書籍

 

この記事を気に入ってくれた方に読んでほしい記事

「選択と集中」の本質は、やらない覚悟を決めること

移動生活とは?遊牧民のような暮らし。旅暮らし、多拠点居住との違い

アウトプットの質を高めるために、インプットの質を高める

 

初めての方はこちらから

>>居候男子ムハンマドのプロフィールと当ブログ『居候男子』について

>>まず最初に読んで欲しい10記事の紹介

 

『毎日更新倶楽部』のメンバーを募集しています

>>『毎日更新倶楽部』をつくりました。メンバーを募集します

 

「木津に会ってみたい」は『レンタル男子』から

>>『レンタル男子』始めました。概要と、開設の経緯。

>>レンタル男子ショップページ)

ABOUT ME
木津 歩|居候男子
コミュニティを旅する居候男子。月一引越しの移動生活を実践しています。一級建築士。通称はムハンマド。