SNS

インフルエンサー(属人性)文化における2つの見せ方

こんにちは。
木津(@ayumukizu)です。巷ではムハンマドと呼ばれています。

 

少し前に株式会社代表の鳥井さん(@hirofumi21)が、ツイートで「hyphen,」のことを書いてくださっていました。

 

今日は、これについて少し。

インフルエンサー(属人性)文化における2つの見せ方

 

実名顔出しによって発信するインフルエンサー(属人性)文化には、大きく分けると二つの見せ方があると思っています。

一つは、受け手と伝えたいこととの間に自分を介入させる手法。

もう一つは、そこに自分を介入させない手法です。

 

といっても、実名顔出しをしている時点で少なからず自分を介入させていることになるので、要は自分を介入させることに対して積極的か消極的かという話になります。

 

例えば旅先で自分が写った写真を積極的にUPするのは、前者に寄せた動きです。

「自分がいるその場所」の絵を発信することによって、自分を介して旅先に親近感を持ってもらう。

 

ちなみに僕は旅先で自分の写真をUPすることはあまり多くないので、この分類で言えば後者にあたります。

小さな嘘と広告感

 

冒頭のツイートの中で鳥井さんが書いている「行き過ぎたインフルエンサー文化」とは、前者の母数が増えてしまったことに由来する、個を前面に押し出す発信に広告感が出てしまっていることを指していると思います。

自分で自分の写真を撮ると、どうしてもそこに発信者の意図が加わる。

わかりやすいところでいうと、その場の楽しさを伝えるためにカメラに向かって笑顔を作るようなやつです。

 

発信者が伝えたいことを伝えるためについた小さな嘘が、受け手側に与えてしまう違和感を、ここでは「広告感」と呼ぶことにします。

参照:影響力とは?メディアとしてのツイッターに求められる「非公式感」

 

そういう意味で、前者(受け手と伝えたいこととの間に自分を介入させる手法)で生き残りたいのであれば、広告として振り切った方がいいと思います。

目一杯つくり込んでしまって、広告としての意味合いを隠さない方が、嘘がなくて良い。

終わりに

 

ちなみに後者(受け手と伝えたいこととの間に自分を介入させない手法)についても少し書いたのですが、これはあまり公にするようなことでもないので、有料noteにしてみました。

ご興味のある方は除いてみてください。

外部リンク:【続き】インフルエンサー(属人性)文化における2つの見せ方

 

また来てね!

 

この記事を気に入ってくれた方に読んでほしい記事

影響力とは?メディアとしてのツイッターに求められる「非公式感」

SNSアンバサダーとは?求められるもう一つの役割

ネットとリアルの境目がなくなり、TLきちんとした人が溢れる

 

初めての方はこちらから

>>居候男子ムハンマドのプロフィールと当ブログ『居候男子』について

>>まず最初に読んで欲しい10記事の紹介

>>2018年、当ブログで書いた中で僕が好きな記事ベスト5

 

『毎日更新倶楽部』のメンバーを募集しています

>>『毎日更新倶楽部』をつくりました。メンバーを募集します

 

「木津に会ってみたい」は『レンタル男子』から

>>『レンタル男子』始めました。概要と、開設の経緯。

>>レンタル男子(ショップページ)

 

 

 

 

ABOUT ME
木津 歩|居候男子
コミュニティを旅する居候男子。月一引越しの移動生活を実践しています。一級建築士。通称はムハンマド。