日々のこと

カオスを楽しめるか否か

こんにちは。
木津(@ayumukizu)です。巷ではムハンマドと呼ばれています。

 

東京に向かっています。

ちょっとしたトラブルがあった

 

詳細は割愛するけど、ちょっとしたトラブルがあって、予定を1日早めて帰りの新幹線に揺られています。

テンションは、どちらかというと低い。

これ以上考えても仕方がないので、心を落ち着かせる方向に舵をきっている感じです。

 

最近テンションが上がったり下がったりで落ち着かないけど、まあ、今回ばかりは仕方がないかなと思っている。

参照:追い詰められた時、どんな手を打つのか

参照:頭を使う前に、心を整える。

 

そんなトラブルがありながら、この状況をどこか楽しんでいる自分もいます。

うまく処理できない諸々の波に溺れながら、多分僕は、心底これを面白がっている。

カオスな状況に面白さを感じる

 

少し前に、こんなツイートをしました。

 

僕のこのツイートに対して、 岡山で出会った友人の草加さん(@ksk1414812)が、こんな引用RTをしてくれていました。

 

確かこの時草加さんは、結果次第では職を失うかもしれないような大変な状況にいました。

出会ったばかりの僕は、そんな草加さんの状況を聞いて、「おもしれえ〜」と言ってしまった。

悪意は全くなかったんだけど、我ながらなんて失礼なやつだろうと思います。

 

でも僕は、結構昔からそうです。

わけのわからない事態ほど、追い詰められた事態ほど、

「おもしれえ〜」

という気持ちが、心の奥底から湧き上がってくる。

なんとかなる、ならないの問題ではなく、舵取りができていないカオスな状況それ自体に、面白さを感じます。

カオスを楽しめるか否か

 

自画自賛になってしまうけど、カオスを楽しめるこの性格は、結構良いです。

何が起こっても最後は「おもしれえ〜」に結びつくので、怖いものがあんまりない。

参照:怖がる自分を観察してみる

 

特に今の時代は、5年後10年後、社会がどうなっているかあまり読めません。

社会の変化の速度が早いため、自分が当初思い描いていた未来から、現実が離れていくことがとても多い。

そんな時、自分の予測しなかった事態(カオス)を頭で考えるのではなく、心で楽しむ姿勢を持っていないと、社会の変化が怖くなってしまうのではないかなと思います。

 

僕が常に未来は明るいと思えているのは、何が起こっても自分が面白がれることを知っているからかもしれません。

終わりに

 

以上です。

帰りの新幹線で、富山で知り合った姫野さん(@himehimeY)からオススメいただいた『かりんとう饅頭』を食べています。

美味いです。

外部リンク:かりんとう凛や

また来てね!

 

この記事を気に入ってくれた方に読んでほしい記事

追い詰められた時、どんな手を打つのか

頭を使う前に、心を整える。

怖がる自分を観察してみる

 

初めての方はこちらから

>>居候男子ムハンマドのプロフィールと当ブログ『居候男子』について

>>まず最初に読んで欲しい10記事の紹介

>>2018年、当ブログで書いた中で僕が好きな記事ベスト5

 

『毎日更新倶楽部』のメンバーを募集しています

>>『毎日更新倶楽部』をつくりました。メンバーを募集します

 

「木津に会ってみたい」は『レンタル男子』から

>>『レンタル男子』始めました。概要と、開設の経緯。

>>レンタル男子(ショップページ)