移動生活

暮らしに自分を馴染ませること

こんにちは。
木津(@ayumukizu)です。巷ではムハンマドと呼ばれています。

 

昨日札幌に到着しました。

 

暮らしを変えると新しいことを考える

 

暮らしが変わって、ものすごくたくさんのことを考えました。

ブログに書きたいこともたくさんあります。

 

さっと思いついた書きたいテーマをあげると、

『関係人口のハブになること』

『ネガティブな要素をネガティブなまま書くこと』

『暮らしをエンタメ化するということ』

『生活の場と仕事の場が同じであること』

『一緒に生活することでその人の価値観を盗むこと』

 

書きたいことはたくさんあります。

ただ正直、今の時点ではうまく書けないなと思ってやめました。

今の時点では、伝えたいことを伝えたい人に、適切な言葉で伝えることができない気がする。

 

暮らしに自分を馴染ませること

 

『居候男子』という肩書きを名乗る僕が一番考えていきたいのは、「その暮らしを一定期間体験することによって、自分が初めて考えること」です。

参照:ブログ名「居候男子」について

であるとすれば、僕が今真っ先にやるべくは、その暮らしに慣れること。

観光客から”その土地で暮らす人”の一人になるために、その暮らしに自分を馴染ませること。

その土地で暮らす人として過ごす時間を1日でも長くとろうとすることが、今一番重要なことなんだと思います。

 

暮らしを変えた直後は、考えることがたくさんある。

ものをどこに置くか決めたり、ブログを書く時間を踏まえた自分の生活サイクルを考えたり、僕が居候先で求められている仕事を覚えたり。

意外と、パタついてしまいます。

しかしそれも、暮らしを変えることの面白さの一つです。

 

暮らしに自分が馴染んできた頃に、改めて先ほど挙げたようなテーマで記事を書いてみたいなと思います。

 

終わりに

 

以上です。

 

また中身のない記事を書いてしまいました。照

でも多分、僕にとってこのステップは絶対的に必要なものなんだと思います。

そういえば石川に行った時も、最初の3日間くらいはパタついてたなあ。

 

また来てね!

 

この記事を気に入ってくれた方に読んでほしい記事

ブログ名「居候男子」について

毎日ブログを書き続ける人はなぜすごいか

その土地の魅力を主観で語れる期間は短い

僕は集落をつくりたい

場所の魅力は人の魅力

 

ツイッターもフォローしてね!

ムハンマドのtwitter@ayumukizu

ABOUT ME
木津 歩|居候男子
コミュニティを旅する居候男子。月一引越しの移動生活を実践しています。一級建築士。通称はムハンマド。