チーム

許容する「できない」を明確にしておくこと

こんにちは。
木津(@ayumukizu)です。巷ではムハンマドと呼ばれています。

 

新卒で入社した会社で僕を指導してくれた人は、社内でも厳しいことで有名な人でした。

怒るとめちゃくちゃ怖い人だったので僕はいつもビクビクしていたんだけど、その人のことは今でもすごく尊敬している。

怒り方のルール

 

その人は、怒り方のルールが少ない人でした。

あれもこれも怒るのではなくて、「これだけは守れ」という最低限のルールに僕が反した時だけ、しっかりと怒られた。

 

言われたことを守る。

わからないことはわかったふりをせずに質問する。

人に質問する前にまずは自分で調べる。

 

どれも基本的な内容だけど、今の自分の血肉となっていることばかりです。

仕事とトレードオフ

 

仕事の多くは、トレードオフの原理に従います。

トレードオフとは、一方を追求すれば他方を犠牲にせざるを得ないという状態・関係のこと。

参照:トレードオフ-Wikipedia

例えば「仕事の質にこだわること」と「残業時間を増やさないこと」とは、入社したての新人にとっては特に、同時に追求することが難しい内容です。

 

僕を指導してくれた人は、まずどちらを守って欲しいかを明確に示してくれました。

追求すべきことを明確にして、その追求のために僕が他方を疎かにしてしまったとしても、ほとんど怒られることがなかった。

一方が身についてから、もう一方を追求するよう求められました。

 

だから僕は、どちらを選んでも怒られてしまうという二択に迫られて路頭に迷うことがなかった。

許容する「できない」を明確にしておくこと

 

誰かを指導する立場になった時意識すべきは、ルールが少ないこと、そしてルールを明確にしておくことだと思います。

完璧を求めるのにも、適切な手順がある。

 

初めから100点を求めることは、ある意味では逃げだと思う。

許容する「できない」を明確にしておくことは、代わりに責任を負うことだと思う。

 

いい先輩に巡り会えてよかったなと、心から思います。

終わりに

 

以上です。

また来てね!

 

この記事を気に入ってくれた方に読んでほしい記事

マネジメント能力は上司だけに求められるものではない

最善はいつもあるということ

20代で守りに入るのは早すぎる-20160602

 

初めての方はこちらから

>>居候男子ムハンマドのプロフィールと当ブログ『居候男子』について

>>まず最初に読んで欲しい10記事の紹介

>>2018年、当ブログで書いた中で僕が好きな記事ベスト5

 

『毎日更新倶楽部』のメンバーを募集しています

>>『毎日更新倶楽部』をつくりました。メンバーを募集します

 

「木津に会ってみたい」は『レンタル男子』から

>>『レンタル男子』始めました。概要と、開設の経緯。

>>レンタル男子(ショップページ)

 

ABOUT ME
木津 歩|居候男子
コミュニティを旅する居候男子。月一引越しの移動生活を実践しています。一級建築士。通称はムハンマド。