日々のこと

暮らしの魅力は、わかりやすさとは一番遠いところにある。

こんにちは。
木津(@ayumukizu)です。巷ではムハンマドと呼ばれています。

 

今朝起きてシャワーを浴びて、ふと部屋の窓の外をみたら、景色がすごく綺麗でした。

五感で感じたものだけが本物

 

景色が綺麗だったといっても、そんなに特別な景色が見えた訳ではありません。

窓の外に広がる雪景色の中で蛍光グリーンのフェンスがやけに映えていて、そのもっと奥にある山々と合わせて、とても綺麗な景色だなと思った。

 

スマホを取り出して写真を撮ろうかと思ったけど、それはやめました。

この景色の綺麗さを十分に伝えるだけの技術を僕は持っていないし、仮に技術があったとしても、これは伝わらないだろうなと思った。

綺麗すぎて伝わらないというよりかは、属人性が強すぎて伝わらない。

最近つくづく思うのは、自分の五感で感じたものだけが本物であるということ。

目で見て、耳で聞いて、手で触れて。

そうやって感じたことだけが本物であって、情報として五感に届くものは、あくまで作り物であるなと思う。

 

たとえ五感で感じたことを情報化できなくても、美しいものは美しい。

暮らしの魅力と抽象化

 

僕は、伝えることが好きです。

もっと正確にいうと、受け手にどう伝わるかを考えるのが好き。

参照:インフルエンサー(属人性)文化における2つの見せ方

 

何かを伝えるということは、何かを抽象化することだと思っています。

五感を通じて自分の琴線に触れた内容を、抽象化して情報に落とすこと。

より伝わりやすいように、整理してあげること。

 

でもここ最近、僕が伝えたいと思っている暮らしの魅力は、抽象化していくような内容ではないんだろうなと思うようになりました。

暮らしの魅力の根幹は、「本物」でも「情報」でもなく、「五感」の方にあるはずだから。

抽象化すればするほど、その人がいつか感じるであろう魅力との間にギャップが生まれるような気がする。

 

わかりやすいことに興味があるなら、観光でいい。

暮らしの魅力は、わかりやすさとは一番遠いところにあると思う。

参照:地域の面白さは観光ではなく暮らしにある

終わりに

 

以上です。

また来てね!

 

この記事を気に入ってくれた方に読んでほしい記事

インフルエンサー(属人性)文化における2つの見せ方

地域の面白さは観光ではなく暮らしにある

アイデアは伝わる形に変換して初めて価値になる 

 

初めての方はこちらから

>>居候男子ムハンマドのプロフィールと当ブログ『居候男子』について

>>まず最初に読んで欲しい10記事の紹介

>>2018年、当ブログで書いた中で僕が好きな記事ベスト5

 

『毎日更新倶楽部』のメンバーを募集しています

>>『毎日更新倶楽部』をつくりました。メンバーを募集します

 

「木津に会ってみたい」は『レンタル男子』から

>>『レンタル男子』始めました。概要と、開設の経緯。

>>レンタル男子(ショップページ)

ABOUT ME
木津 歩|居候男子
コミュニティを旅する居候男子。月一引越しの移動生活を実践しています。一級建築士。通称はムハンマド。