移動生活・多拠点生活

居候男子北海道下川編のテーマと、地球人として暮らすこと

こんにちは。
木津(@ayumukizu)です。巷ではムハンマドと呼ばれています。

 

明日のお昼羽田発の便で、北海道下川町に行きます。

 

年末年始およそ2ヶ月間の休息期間を経て、ようやく移動生活を再開する。

正直、楽しみすぎて気が狂いそうです。

 

拠点ごとにテーマを決めている

 

月一引越しの移動生活を実践している僕は、拠点ごとに暮らしのテーマを決めています。

 

最近で言うと、大阪編のテーマは「SNSアンバサダーとしての暮らし」。

参照:居候男子大阪編のテーマと、SNSアンバサダーという仕事について

青森十和田編のテーマは「集団移住による暮らし」。

参照:居候男子青森編のテーマと、僕が集団移住を試したい理由

岡山編のテーマは「エリア内二拠点という暮らし」でした。

参照:居候男子岡山編のテーマと、エリア内二拠点の可能性

 

北海道下川編のテーマは、「地球人としての暮らし」です。

地球人としての暮らし

 

「地球人としての暮らし」という言葉選びが、果たして正しいのかどうかはわかりません。

なぜならこれは、僕が今まで一度も考えたことがない内容だから。

 

下川町を訪れるきっかけをくださった編集者の立花実咲さん(@misakichie19)が、以前こんなnoteを書いていました。

外部リンク:“ネオヒッピー”という生態系

以下に一部引用します。

電車が通ってなくて、寒いときはマイナス30℃にまで下がる気温、容赦ない長い冬はトイレの水を凍らせ、きれいだと思った花は猛毒を持つ。うっかり鉢合わせるかもしれない人の倍以上ある躰の熊、食用に似た得体の知れないキノコ……などなど。

常に人間は、“生かされている”環境だ。

同時に、「生かされているのは当たり前」──という感覚を、暗黙のうちに了解している人も多いと感じる。

だからこそ、“生かされている”環境で“生きぬく知恵”は、自然と身につけざるをえない。

 

このnoteが、とても印象に残っていて。

というのも、下川町の人たちが暗黙のうちに了解している「生かされているのは当たり前」という感覚を、僕はまるで想像できなかったからです。

言葉として理解することができても、感覚としては完全に「知らない」。

 

自分が見当もつかない感覚を、ある種常識としてもっている人がいるという事実に対し、とてもワクワクしてしまいました。

知らない感覚に出会いたい

 

移動生活を始めたのは昨年の6月からだから、2月で9ヶ月目となります。

滞在地としては、下川町は7つ目の町です。

 

2ヶ月間関東に滞在する中で、この活動を続けていく”意義”みたいなこともたくさん考えました。

参照:関係人口の先に何があるか。複数の地域が互いに手を取り合う未来。

正直下川町での滞在だって、もっともらしい意義を掲げることはできると思う。

 

でもやっぱり、自分の一番ピュアな気持ちを汲み上げると、移動生活を通じて自分がまだ知らない感覚に出会いたいんですよね。

暮らしの中からインスピレーションを得て、今までの自分が考えたこともなかった新しいことを考えてみたい。

 

そんな気持ちで、今回のテーマを決めました。

終わりに

 

以上です。

新しい暮らしが始まる直前は、どうしても高揚してしまいます。

やっぱり僕は、今すごく幸せだなと思う。

参照:移動しない生活にデメリットを感じるという話

 

また下川町には、青森県十和田市で結成した創作ユニット『hyphen,』として滞在します。

hyphen,については当ブログの中できちんと書いたことがなかったのだけど、現在挑戦中のクラウドファンディングのプロジェクトページでまとめているので、ぜひ読んでみてください。

外部リンク:【ふたたび、暮らしを考える】雑誌「hyphen,」の創刊号を届けたい!

また来てね!

 

この記事を気に入ってくれた方に読んでほしい記事

居候男子青森編のテーマと、僕が集団移住を試したい理由

移動生活とは?遊牧民のような暮らし。旅暮らし、多拠点生活との違い

移動しない生活にデメリットを感じるという話

 

初めての方はこちらから

>>居候男子ムハンマドのプロフィールと当ブログ『居候男子』について

>>まず最初に読んで欲しい10記事の紹介

>>2018年、当ブログで書いた中で僕が好きな記事ベスト5

 

『毎日更新倶楽部』のメンバーを募集しています

>>『毎日更新倶楽部』をつくりました。メンバーを募集します

 

「木津に会ってみたい」は『レンタル男子』から

>>『レンタル男子』始めました。概要と、開設の経緯。

>>レンタル男子(ショップページ)

ABOUT ME
木津 歩|居候男子
コミュニティを旅する居候男子。月一引越しの移動生活を実践しています。一級建築士。通称はムハンマド。