日々のこと

頭を使う前に、心を整える。

こんにちは。
木津(@ayumukizu)です。巷ではムハンマドと呼ばれています。

 

3日ほど前に、こんなブログを書きました。

参照:追い詰められた時、どんな手を打つのか

忙しい上にお金がないというなかなかしんどい状況に、若干てんやわんやしていた。

 

ただ、その後よく眠り、美味しいものを食べて、またよく眠ったら、だいぶ調子がよくなってきました。

何かが解決したわけではないけど、ポジティブな気持ちが溢れている。

「やりようはいくらでもある」と、心の底から思えています。

頭を使う前に、心を整える

 

常々思うのは、正常な頭の働きは、正常な心の上に成り立っているということ。

確かに自分のキャパを超えるようなタスクに追われてしまっている時は、一分一秒でも長く頭を使いたいと思います。

あるいは一分一秒でも長く、手を動かしたいと思う。

 

でも頭を使いすぎた結果、頭より先に心が疲れてしまうということはよくあるんですよね。

「やらなきゃやらなきゃ」と思うばかりでなかなか作業に取りかかれない時は、多分どこか病んでいる。

頭のスイッチを入れることを、心が拒否してしまっている状態です。

 

やばい時ほど、まずは一旦休むこと。頭を使う前に、心を整えること。

ポジティブな気持ちで向き合えば、どうにもならないことなんてほとんどありません。

参照:自分を整える手順

心の乱れを認め、開示してみる

 

心を整えるにあたって一つ大事だと思うのが、自分の心が乱れていることを認めることです。

強がるのを辞めて、開示してみる。

 

僕は冒頭のブログ(「追い詰められた時、どんな手を打つのか」)を書いた日、所属している『waseisalon』というコミュニティのslackに、今の自分の状況を書き込みました。

たくさんのメンバーの方が親身になってコメントをしてくださり、本当にありがたいなと思った。

一人で抱え込まないというのは、思っている以上に大事。

 

特にSNSをやっている人は、自分の負の感情をうまく表に出すことができず悶々と抱え込んでしまったという経験が、一度はあるのではないかなと思っています。

“構ってちゃん”に見えてしまう自分が嫌で、感情を内に隠す。

 

でもそうこうしていると、本当に自分の状態がわからなくなってしまいます。

負の感情の負債が溜まって、いつか、フッと潰れる。

潰れてしまう前に、感情を外に出しておくことも大事です。

参照:恥を晒して自分を客観視すること

終わりに

 

以上です。

まずは心を整えること。

そのために、自分の心の乱れを認めること。外に出すこと。

またきてね!

 

この記事を気に入ってくれた方に読んでほしい記事

追い詰められた時、どんな手を打つのか

自分を整える手順

恥を晒して自分を客観視すること

 

初めての方はこちらから

>>居候男子ムハンマドのプロフィールと当ブログ『居候男子』について

>>まず最初に読んで欲しい10記事の紹介

>>2018年、当ブログで書いた中で僕が好きな記事ベスト5

 

『毎日更新倶楽部』のメンバーを募集しています

>>『毎日更新倶楽部』をつくりました。メンバーを募集します

ABOUT ME
木津 歩|居候男子
コミュニティを旅する居候男子。月一引越しの移動生活を実践しています。一級建築士。通称はムハンマド。