日々のこと

言葉は武器で、言葉は凶器

こんにちは。
木津(@ayumukizu)です。巷ではムハンマドと呼ばれています。

 

最近自分の中で「気をつけないといけないなあ」と思っていることがあるので、今日はそのことを書きます。

昔人から言われた言葉

 

学生時代に仲良くしていた女の子から、こんなことを言われたことがあります。

「優しい人は怖い。人を傷つけることもできてしまうから。」

 

文章にするとなんだか重い言葉に見えてしまうけど、会話の流れの中でごく自然に出てきた言葉です。

でも僕はこの言葉が、妙に頭に残っている。

言葉を選ぶ時の頭の使い方

 

改めて今思い出してみると、彼女のこの言葉はとても的を得ているなと思います。

誰かを救うために言葉を選ぶ時と、誰かを傷つけるために言葉を選ぶ時とでは、頭の使い方がよく似てる。

相手の状況や言動を観察して、前者は「相手が言われたいであろう言葉」を選び、後者は「相手が”言われたくない”であろう言葉」を選ぶ。

 

なんかこう書くと、サイコパスっぽいですね。

意見を戦わせる機会が増えた

 

ここ半年くらい、人と意見を戦わせる機会が増えたような気がします。

意識的に、正しくないことには「正しくない」というようになった。

というか以前は、異なる意見に対して「人それぞれ」という言葉で片付け過ぎていたなと思います。

 

戦うことばかりが強さだとは思わないけど、戦わないことが強さだとも思わない。

きちんと意見を戦わせることは、両者の関係性にとっても、自分にとっても、良い結果をもたらすと思う。

参照:確かな納得感を持って中指を立てること

言葉は武器で、言葉は凶器

 

戦う機会が増えたからこそ、言葉の扱いには注意しなくてはいけなくて。

僕は別に言葉を扱うプロではないけど、多くの人よりも言葉を選ぶ機会が多いなとは思う。

言葉を鋭利にするのも、いつの間にかうまくなった。

 

でも、意見を戦わせる時に言葉を鋭利にするのはマストじゃない。

 

言葉は武器だと思います。

道をひらくこともできるし、仲間を集めることもできる。

ただ使い方を誤ると、人を深く傷つけることもできてしまう。

 

良し悪しは一旦置いておくとしても、せめてそのことに自覚的でありたいなとは思います。

終わりに

 

以上です。

 

スタバにきました。

ここ最近バタバタとしていたのですが、久しぶりにやることが何もない。

今日は頭の整理をしようと思います。

 

また来てね!

 

この記事を気に入ってくれた方に読んでほしい記事

確かな納得感を持って中指を立てること

「嫌いのリテラシー」を高めることの重要性

誰かを批判する前に考えたい実害の有無

 

初めての方はこちらから

>>居候男子ムハンマドのプロフィールと当ブログ『居候男子』について

>>まず最初に読んで欲しい10記事の紹介

 

『毎日更新倶楽部』のメンバーを募集しています

>>『毎日更新倶楽部』をつくりました。メンバーを募集します

ABOUT ME
木津 歩|居候男子
コミュニティを旅する居候男子。月一引越しの移動生活を実践しています。一級建築士。通称はムハンマド。